お知らせ

公告

2020年10月15日

緑楽寺(猿楽寺) 山信田慈山氏の行為について

今般,緑楽寺(猿楽寺)(神奈川県横浜市南区大岡3-27-3)の山信田慈山氏が「寳徳稲荷大社の宮司」を名乗り,当社神社の信者に対し,「天照白菊寳徳稲荷大神の遷座」をかたり令和2年11月2日に寳徳稲荷大社として神幸祭を執り行う旨の「ご案内」と題する書面(以下「本件書面」と記載します。)を配布していることが判明しました。

しかしながら,当神社は,上記山信田慈山氏が当神社の名称を用いることにつき一切承知しておりません。宗教法人はその名称を他者に冒用等されない権利(最高裁平成18年1月20日判決民集第60巻1号137頁)を有しておりますので,上記山信田慈山氏の行為は当神社の権利を不当に侵害する行為です。当神社は山信田慈山氏に対して厳重に抗議する書面を送付しました。

本件書面には,山信田慈山氏が当神社で宗教的な役割を担ってきた事実がないにも関わらず当神社で「54年間ご奉仕してまいりました」や,そのように決定された事実がないにも関わらず「昨年宮司の長男が後を継ぐとのこと」などと,虚偽の事実が記載されております。また,本件書面においては,当神社の寳徳会と無関係であるにも関わらず,寳徳会の名称も使用されています。いずれも皆様に誤解を与えかねないものとなっており,この点でも,当神社は山信田慈山氏に対して厳重に抗議しました。

更に,山信田慈山氏は,「寶徳大神御祈禱神璽」(「禱」については「しめす偏」に「壽」。以下同様。)と記載された札も配布しています。しかし,この「寶徳大神御祈禱神璽」は,当神社において商標登録出願済(商願2020-0752)ですので,書面をもって商標法13条の2に基づく通知も行った事を皆様にお知らせする次第です。