年中行事

春季大祭

春季大祭のイメージ

春季大祭の由来

縄文の昔、新緑みなぎる皐月、日本列島の乾(イヌイ)の方(北西)の聖地、瓊名乃里(ぬなのさと)に(現在の奥宮周辺)宝徳大神鎮め祀ると古記録に記される、すなわち宝徳大神の誕生月です。

古記録によれば「この月に神旗出ますならば、宝徳大神と千五百万の神々幽契を結び、あるいは日となり月と懸けて宝となる。光華は明らかにいろどり君子を照らす。」

すなわち神人合一を生じ逆徒を滅ぼし悪魔を祓い、五穀豊穣、民人の生活をより豊かにする働きを起こすといわれています。

時代変遷にともない宝徳大神は一之宮、内宮、本宮への御遷座(ごせんざ)されることになる。春季大祭のメインとなる御御行列は神々がこの地に天孫降臨される様子を具現したもので、着飾った稚児さんを四神の神様に守られながら緑の色も鮮やかに古式豊かに行列は厳粛に進みます。春を寿ぐ春季大祭は式宮を祝い集い来る善男善女のさらなる幸福を祈念します。

春季大祭の由来のイメージ

神事予定表

5月7日
  • 17時30分 宵祭式執行
  • 18時より 演芸大会
5月8日
  • 7時 大祭式執行
  • 10時 渡御式執行
  • 11時30分 稚児行列・報告祭
  • 12時10分 奉納神楽・日本舞踊
  • 14時30分 納祭式
  • 16時 終了
神事予定表のイメージ

春季大祭稚児さん募集

日本には古来から神霊は幼い子供の姿を借りて現れると言われ七歳までは神の子と言われます。

今あるお子様の健やかな成長を感謝し、更にこれからの健康と成長を祈る大変意義ある稚児行列にご参加くださいますようお待ちいたしております。

参加初穂料お一人10,000円

ご祈願料 お守り、衣装 お弁当(お寿司)記念撮影、おみやげの一式を含みます。

大祭当日の所要時間は着替えを含みおよそ3時間頬度です。

春季大祭稚児さん募集のイメージ